読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美大までの足跡

「そうだ、美大へ行こう!」中学3年のときに思い立ち、美大を受験するまでの絵画塾(美術予備校)体験談です。

画力UPを選ぶか学力を選ぶか。

 

このお話の続き(?)を今回は描きたいと思います。

 

これから先の人生、文系理系以外の道を進む人。

特に芸術系を目指している人に、私は言いたい。

 

人間、二兎追う物は一兎も得ず。

 

どっちか優れていて放置しても何とかなるのであれば、それでよし。

でも、どちらも間に合わないなら…

あなたはどちらかを捨てなければいけません。

 

どっちも出来るなんて、人間思ってはいけません。

 

さて、どっちも得ようとすると、どうなるのか…詳しくお話ししましょう。

携帯につられて特進へ行った結果。

学校の授業は週3回の7時間授業の日。

この日の最初の授業で小テストが行われます。

しかも8割とれなければ帰りに再テストです。

 

一発合格するためにはどうすればいいのか?

それは簡単。

勉強すればいいだけです。

 

しかし二つを得ようとする人間には、そんな簡単な話ではありません。

 

なぜか

 

時間がないからです!!!

 

 

さあ、ここで2年生のときのタイムスケジュールをご紹介します。

ご覧ください

 

塾がある日

  • 4時起き(朝勉強する時)
  • 朝、小テスト
  • 7時間授業
  • 落ちると再テスト
  • 絵画塾
  • 帰宅(9時〜10時)
  • 朝早く起きる時:少し自由に過ごして寝る
  • 早起きしない:1〜2時まで勉強

 

あれ?意外と勉強する時間あるじゃん!

何とかなったんじゃないの?

 

と思われるかもしれません。

しかし、そうも行かないのです。

 

なぜか。

 

範囲が膨大。(1ページ2ページではなく1章2章レベルの量)

週3の曜日似よって別教科のテスト

内二日は塾とかぶる。

合格するために次の曜日のテスト

それ以外に宿題、テスト勉強、そして模試の勉強だってしたい。

それを毎日4時間で勉強しなければ行けない。

土日?あるよ?

でも土曜は補講(補修ではない)で学校。

 

それを全部出来ますか?

 

学校終わって家に帰るだけ、塾に行くとかなら出来ないことは無いでしょう

でも、それ以外に何かある人は…?

 

ということは、優先順位をつけなけれいけません。

まず今の私に大事なのは何か

それは再テスト回避

 

ではそれに全力を注ごう。

しかし範囲は膨大。

自分が覚えるのは遅い

 

一番難しいテストはよりにもよって前日に別のテストが終わった次の日。

 

 

毎日毎日再テスト回避のために勉強をする。

そして、結果再テストが多い。

 

あれ…?

 

ところでテスト勉強は…?

 

模試…センターの勉強は…?

 

 

 

…ご理解いただけましたか?

 

 

勉強をより沢山したい。

滑り止めの学校だったからせめて特進へ…

それは構いません。

 

しかし…何か勉強以外に目指す物がある人…

自分の人生です。

 

一番何が大事なのか一度考えて優先順位を受けてみてください。

 

放棄しろといってるのではありません。

どっちも大事。やらなくては行けないのは同じです。

優先順位をつけて、力に強弱をつけるだけでいいのです。

 

何かにつられないで 

言いなりにならないで、自分のすべきことを自分の力で選んでください。

 

私の場合、

 

 

絵の上達を選ぶなら、特進に行くべきではありませんでした。

 

もし、それでも友達と離れたくなくて携帯が欲しかったなら

先生に何を言われようが、土曜か日曜の一日コースにするべきでした。

 

 

まあ、自分の実力(絵・勉強ともに)的には最終結果は今と何も変わらなかったでしょう。

 

ただ、もう少し余裕ある生活は出来たかな…とおもいます。

貴重な青春時代…

 

まぁ、受験生に余裕なんかあってはいけないのか。

と書きながら思ってますが。

 

でも、必要以上に大変に追い込む必要は無いですからね。

 

自分がいいと思う道を選んでください