読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美大までの足跡

「そうだ、美大へ行こう!」中学3年のときに思い立ち、美大を受験するまでの絵画塾(美術予備校)体験談です。

なんだかんだ言って、結局好きなんです。

入る前はあんなに希望に満ちあふれていたこの世界。

 

夢いっぱいだったあの頃。

 

やりたいことをやりたくて、その道を進むために入ったのに

 

 

絵画塾入ってからは、辛いことの方が多かったです。

 

入塾初日から絶望し。

画力は伸びず、先生にも匙を投げられ。

何をどうしていいのかも分からない。

 

自分は向いてないんだ。諦めた方がいいんだ

 

そう何回も思いました。

 

でも理由はともあれ、3年間続けて、美大まで行き。

悩みつつも合計7年を美術とふれあって来ました。

 

楽しそうなんて言う事前概念は奇麗さっぱり無くなって、8割くらい辛いことばかりでしたが。

それでも続けることが出来ました。

 

それは、勉強もできない自分にはこれしか無い、これ以外には何も持ってない。

そういう思いもありましたが。

 

なにより、結局美術が好きだったんだと思います。

 

そうでなければ、続けられる訳がありません。

 

だから辛いことが合っても続けてよかったと、今では思います。

 

 

もしかしたら、美術を続けている方で、辛すぎて挫折しそうな人がいるかもしれません。

 

 

頑張れとも、諦めるなとも言うつもりはありません。

続けたところで未来が明るいとも限りませんので。

 

でも、もし本当に美術が好きなのであれば、これからも続けて行けます。

石の上にも3年と言いますが、それと同じです。

 

続けていれば、身に付く物もあります。

焦らず、じっくり。今は目の前の物と向かい合ってください。

 

まずはそれだけ集中すれば大丈夫です。