読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美大までの足跡

「そうだ、美大へ行こう!」中学3年のときに思い立ち、美大を受験するまでの絵画塾(美術予備校)体験談です。

あまり無い2年の記憶。鮮明な一年目の記憶。

先から思い起こしているのですが…

 

3年通った絵画塾

 

二年目だけ記憶が無いんですよね。

 

いや、無い訳ではないですよ?

あるにはあるんです。

 

でも、劇的な成長や事件は…あったか。

 

でも印象が薄い…

 

っていうか、一年の頃の出来るようになるまでの半年間が濃かったというか、怖かったというか…

 

やっぱり、「君今まで絵を完成させたことがある?」

っていう、あのセリフのおかげで成長できたなって言う印象。

 

それまで画力全然上がらなくて、すごく悩んでたので。

 

私の美術を勉強した歴史を語るのはそこが一番重要で、

後はどれだけ描き方が分かったか、モチーフの見方が分かったかって

それだけの話なんですよね。言ってしまえば。

 

もちろん。そこまでの道のりも沢山いろいろ教わりましたが、

なにより絵という物を理解したのは、やっぱりあの時初めてだったんだろうなと思うんですよ。

 

だからあの言葉をかけられたときはすごく怖かったけど、

今までで声をかけてくれた先生の中で一番心に残ったセリフですね。

 

今も忘れないです。

 

先生、いまでもあの言葉だけは覚えてます。

今までいろんな先生に教えてもらいましたが、先生が一番の私に取っての恩師です!!

 

と、つぶやいてみました。

 

今回は、何のためにもならないつぶやきでした。

 

たまにはいいかな?

 

失礼しました。