読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美大までの足跡

「そうだ、美大へ行こう!」中学3年のときに思い立ち、美大を受験するまでの絵画塾(美術予備校)体験談です。

気をつけて!面倒くさがり屋!!

これから美術を勉強し始める人には心に留めておいていただきたいです。

 

なぜならそれで痛い目を見て生きて来たので。

少しでも反面教師にしてもらえたらと思うからです。

 

 

さて、あなたは面倒くさがり屋ですか?

 

「はい」と答えたあなた。

 

なるほど。

 

気持ちはわかります。

私もとてもメンドくさがりなので、色々手を抜いてしまったりしてしまうのですが…

 

それは危険です!

 

 

それはなぜか?

というのはですね、画力が上がってくると分かると思うのですが。

目の前にある物をそっくりそのまま描く、ということは、

 

細かい所まで描く必要があるからです。

 

細く描くということは、見たままを細部まで目の前にあるモノを描く必要がある訳です。

 

それを意味するところ…

 

つまり

 

細かいところまでこだわって描く力が必要になってくるのです。

 

こだわって描くということは…根気がいりますよね…?

 

根気がいるということは…?

 

根気の逆は…?

 

そういうことです。

 

つまり、めんどくさがってたらいつまで立っても絵は完成しないのです。

 

 

私は面倒くさがり屋でした、

だからいつまでたっても、細かいところまで描くということをしませんでした。

以前書いたこの記事での「完成してるの?」と言われたのはそういうことなのです!

だから上手い下手以前に私の絵は完成していなかったのです!!

*1

artschoolroad.hatenablog.com

*2

artschoolroad.hatenablog.com

 

 

そう、細部まで描いてこそ、ようやく目の前にある絵に近づいて行くのです。

面倒だからと言って、書き込みを省いたり、ラベルを描かなかったら、

いつまでたっても本物はかけないのです!!

 

だけど、最初はどこまでをどうやって書けばいいのか、

それすら分からないですよね…

 

でも、これに対して出来るアドバイスって。

「よく見て描くこと。」

「忍耐力をつけること。」

 

しか出来ないんですよね…

もうそれを繰り返して、自分で気がつくしかない。

 

これが上達の秘訣の一つです。

 

なので、これから絵を描こう習おうと思ってるあなた。

まず、めんどくさい!!

この気持ちを捨ててください。

 

そこからです。

*1:↓以前の該当記事

*2:↑この記事で言われたのは↓この悩みの後。