美大までの足跡

「そうだ、美大へ行こう!」中学3年のときに思い立ち、美大を受験するまでの絵画塾(美術予備校)体験談です。

【行くべき】美大に行く意味は?②【行かぬべき】

前回の続きから。

 

さて専門職希望ではない下手な人のお話しから

 

(なんか変な始まりでもうしわけない。)

 

本気で美術を学びたいと思ってる訳ではないのなら、一度立ち止まった方が良いです。

 

才能が見つかれば、きっかけが見つかれば、伸びることもあります。

そういう人たちも沢山見て来ました。

なので、下手だからやめろなんてことは言いません。

ただ、上手くなるまで、才能が見つかるまで暗く長い道です。

その覚悟があるのであれば、止めないです。

 

一番やめておいた方がいい人

 

「た だ 漠 然 と 絵 が 好 き な 人」

 

この人は正直美大をお勧めしません。

実力も上手い人に比べたらなく、下手な人よりは上手い。

絵が好きで、絵を描いていたい。将来の目標なんて無い

 

でもノートに各落書きは好き=美術好き。

勉強しないで絵だけ書いていたい。

 

って人。考え直した方が良いです。

 

確かに勉強より技術が物を言う世界です。

丸の数が少ない=評価されない世界ではありません。

 

点数評価の代わりに待ち受けているのは、競争と比較社会です。

まるで評価されない代わりに、他人の物差しで隣の作品と比べ合う世界です。

 

デザインの場合、例えば広告のオファーが来たとしましょう。

当然枠は一つです。

でも10名の方が広告デザインをしたいと立候補しました。

 

どうしますか?

 

もちろん作ってプレゼンして、周りの人たちが話し合って優劣を付けて決めます。

そうなると、自分たちが選ばれるために全力を出すはずです。

 

そういう世界なので、皆良い作品を作ろうと頑張る訳です。

 

さぁ、その世界で好きな絵が描ければ良いって気持ちでやれますか?

好きでやるならアマチュアで良いんですよ。

わざわざ大学までくることは無いんです。

 

そうすると、中には反論する方もいらっしゃるかもしれません。

「イラストなら主婦で成功する人もいるじゃん」

 

と。

 

でもその人たち、皆が皆美大でてないですよね?

個展開くような人でもみんなそうじゃないですよね?

 

そういうことです。

 

結局美大いくことに一番大事なこと

就職先が専門性が必要な人はともかく

正直、上手くなりたいだけ、好きなだけな人には私はお勧めしません。

 

もともと上手い人は独学で伸びます。

 

ただし、就職先以外でも、行ってみる価値がある人はいます。

 

「この大学に行きたい」という強い思い

「ここでこれがしたい」「これが学びたい」「ここをのばしたい」

そういう意思が大事になります。

 

上手かろうがへただろうが、強い意志があれば、それは行ってみるのも悪くないです。

 

美大に行くのに必要なのは「上手い」「下手」ではありません(もちろん試験はあるので、そのレベルの実力は必要ですが

 

 

美大へ行くという選択肢を選ぼうとするとき、

一度自分に質問してみてください。

 

「なぜ美大に行きたいのか。」

 

「やりたい未来のため」

「学びたいことのため」

「伸ばしたい技術のため」

 

何か目標があってのことなら意味はあるのではないかと私は思います

【行くべき】美大に行く意味は?①【行かぬべき】

たまーに絵のうまい人が

 

「こんなに上手いなら美大に行けば良いのに」

 

と言われているところに遭遇します。

そのうちの何割かは、大抵こういいます。

 

「行ったところで就職先無いじゃん。」

 

たまにネットでもみますよね?

 

 

美大行った後どうするんだとか。就職先はとか。

 

それでも美大に行きたい人はいっぱいいます。

 

さて、本当に美大に行く必要はあるのか。

私が4年、大学に通った経験を元に。答えさせていただきましょう。

 

 

行くべき人。

答えを書く前に、これだけ先に言いましょう。

美大に行くべき人、行かなければならない人は存在します。

 

どういう場合か。

 

まず就職先で、専門的技術が必要な職種を目指してる人

 

これは美大に行くべき人です。

 

どういう人か、というと、

例えば伝統工芸、古くから伝わる日本の伝統的芸術

または、絵画の復元など

こういった物を作って行きたい人は、学んだ方が就職先(?)はいきやすいでしょう。

 

後は立体系デザイン。

椅子とかの家具や、車のデザイン、ジュエリーなどのアクセサリー。

今でも、デザインできる人作れる人というのは貴重な存在です。

こういった物をやりたい人も、美大に入った方が良いでしょう。

 

あと、美術の先生になりたい人も行くべきでしょう。

 

以上3パターンは、美大に行って学ぶことも、実力をつける必要に迫られますし、

情報も入りやすいので、その方々は美大を視野に入れてみてください。

 

 

それ以外の上手い人

 

希望している就職先は、専門性技術を必要としない。

 

正直そこまで行く必要は無いです。

 

なぜか。

 

このブログでは、試験で必要なのでデッサンの話をよくしますが、

デッサンのうまい下手は捨て置いて、めちゃくちゃ上手い人っていますよね?

イラストがすごい上手いとか、何かを作るのがすごいとか。

 

そういう人たちって、くる前から上手いんです。

習う前からもう出来てるんです。

 

もちろん、それでも学ぶことは沢山あるので、

あぐらをかいていたら突き落とされて、先生にも見放されます。

 

ただ、しっかり学ぶ姿勢があれば、いくらでも伸びますし就職先もそういう人たちは取って行きます。

 

ただ、もし、それを趣味で終わらせるつもりで、就職先が美術関係でないところに生きたいのであれば、わざわざ美大に来ることは無いです。

 

なぜならば、そういう人たちは、独学でも十分伸びるからです。

そうでなくても、大学にサークルがあるかと思いますが。

下手に底辺大学行くよりは、そっちの方が成績がいい可能性もありますし

就職先でも、中にはそういうサークルを出ていて、美大に行ってないような人たちも沢山います。

 

なので、本気でこの大学で学びたいと思う意思が無ければわざわざくることは無いです。

 

じゃあ、下手な人は?というと…

 

 

長くなったので続きは次回

【メリット】答えがある世界と無い世界【デメリット】

以前書いた記事

artschoolroad.hatenablog.com

の派生(もう少し詳しい)記事を書いてみようと思います。

 

答えが無い世界より、答えがある世界の方が楽だよ!

という辛口記事(若干DIS入り)で、希望があまりにも感じられない記事だったかな?

と思ったので、今回は答えがある世界・無い世界のメリットでメリットを書いていきたいと思います。

 

答えがある世界

メリット

まずはメリットから

これはもう、解答なりマニュアルを見れば答えが載っている。確認できる。

後はそれを覚えるなり、人に聞くなりすれば何とかなる。

覚えたもん勝ちなところはある

 

デメリット

点数がすべて。

点数は引き算方式で、覚えたか覚えてないかがすべて。

評価も点数なので、つまらない。

こんなテストで人が決められていいのか!?

という疑問が残る

 

答えの無い世界

メリット

答えが無いので、基本自由。

何をやっても怒られないし、万人受けさえすればいろんな人から沢山の評価を得られる。

点数も足し算方式で、何点満点でも出せる。

そういう意味に置いては楽しい。

 

デメリット

答えが無いので、好きなことが出来る反面、何が人に受けるのか分からない。

受ければいい評価がもらえるが、受けが悪いとマイナス評価もあり得る

アマチュアならそれでもいいが、プロだとプラスを出さなければ行けないので

答えが無い分試行錯誤が必要。(正しい結果とも限らない)

 

番外編

学生編

覚えることが大量。

答えを見て解けばいいとはいえ、勉強は大変。

しかも解答を見たところで理解できるとは限らない。

 

社会人編

どんな計算でも、学生の頃の用に問題集がある訳ではないので、答えを見て確認することが出来ない。

だからこそ、計算を二人でやるとこともある。

 

 

総評

 

答えが無い世界の方が自由楽しい。

答えの丸かバツかで点数がつくことは無い。

いい物を作れば評価される。

確かに教科書や問題集と向き合うよりはのびのびできていい生活だと思います。

 

ただ、模索しても上手く行かない場合は評価は地の底。

上手く行かないときは上手く行かない。

どんなに計算しても合わない。よくあります。

 

そんな時、解答があったらな…と思う訳です。

 

まぁ、どっちも魅力があって、どっちも問題があって。

でも選べる物でもないと言いますか。

 

でも、苦しい世界とはいえ、点数評価よりは気にする物は少ないのかな?

 

という。お話でした。

 

あくまで私が最近直面した思いなので、参考程度に

客観的に見る方法。

先品作りにおいて、大事なもの。

 

それは客観的になることです。

 

とはいえ、少なからず贔屓目になってしまうもの。

 

ということで、今回は客観的になれる方法をいくつかご紹介しましょう。

 

離れてみる

続きを読む